2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

わんこPhotoギャラリー

  • Jes014
    アルヴィン、ジェシカのお気に入り写真です。

お花ぎゃらりぃ

  • 20070107_092052_0002
    花図鑑、種まき育成記録(覚え書き)兼用です。 順次、育成のしやすさなども説明文に加える予定です。
フォト

動物愛護

おすすめワンコサイト

« ネタは沢山あるんですが。 | トップページ | それぞれのわんこ »

犬のしつけについて考えてみる:その1

来週からまたワンコの一時預かりが始まります。
今度の子は子犬、それも写真で見る限り柴系のMIXちゃん、推定4ヶ月?位。

柴MIXは私も実家で飼っていましたし、ある意味土着犬としては一番ポピュラーなわけですが、プリミティブドッグということもあり、比較的警戒心が強い可能性が多分にあるわけです。
その上、社会順化に大切だと言われている、2~3ヶ月時期を過ぎている。

勿論、それじゃぁ、成犬は・・・・などという気もさらさらないですし、無理なことは全くありません。
ただ、私の対応如何で、どうとでも転んでしまう大事な時期をお預かりするわけですから、もっと真剣に考えてみたい、そう思うわけでございます。

そう思うのも、アルヴィンと暮らしていて、もう少しこうやっていれば、もっと犬が楽にこのレベルまでいけたんじゃないかしら、と言う思いがある訳なんですね。ある意味、欲かきな所があるかもしれません。
私自身はアルヴィンと、「こういう犬とこう暮らしたい」という形に限りなく近くなっているのじゃないか、と思っています。でも、アルヴィンと暮らし始めた頃は結構いっぱいいっぱいで、(久しぶりだったこともありますし)犬のしつけについて、どうやったらこうでる、と言うそういうところはまとめてなかったように思います。

せっかく、(比較的楽しく??)ワンコ達と暮らしていて、こうすると楽かもよ?なんてこと、やっぱり伝えられたら、良いんじゃないか。だって、お家のないワンコ達と、ワンコと暮らしたい人達とのご縁結びのお手伝いをしようとしているんだから、そんなことも考えちゃったりするわけです。

なんて大風呂敷を広げましたが、どうも文章がうまくない人なので、中々キモが伝わらないかもしれません。
取り敢えず、チビワンコが家にきてから、出来るだけリアルタイムでやってみようと思いますが、でも、あまり期待しないでくださいね。(笑

« ネタは沢山あるんですが。 | トップページ | それぞれのわんこ »

ペット」カテゴリの記事

犬のしつけを考える」カテゴリの記事

コメント

Oh!パピーがやって来るのですね!
お目に掛かれるのが楽しみです('-'*)♪
とししげさんのお宅で大切な時期を過ごせるのは、そのワンちゃんにとっては本当にラッキーなことだと思います。
きっと、よい子に育って、よいご縁に巡り会うことでしょう!
ぽん太くんも、高齢なのに、頑張っているのですね。ぽん太くんとは長らくお会いしていませんので、再会が楽しみです。

パピーは無条件で可愛いんですよね~。
家にくるのがそんなにラッキーかどうかは自信有りませんが、出来るだけのことはしてやれればっ、と、思います。
ポン太の散歩は、ほとんど午前中だけになっているんですよね。これから暑くなったら、早朝になるから、中々機会がないかも??でも、外面は前とそんなに変わりません?動きも見た目も、もうすぐ11才とは思えないポン太くんですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬のしつけについて考えてみる:その1:

« ネタは沢山あるんですが。 | トップページ | それぞれのわんこ »

そのほか

最近のトラックバック

無料ブログはココログ