2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

わんこPhotoギャラリー

  • Jes014
    アルヴィン、ジェシカのお気に入り写真です。

お花ぎゃらりぃ

  • 20070107_092052_0002
    花図鑑、種まき育成記録(覚え書き)兼用です。 順次、育成のしやすさなども説明文に加える予定です。
フォト

動物愛護

おすすめワンコサイト

« てれてれ。 | トップページ | 輝くんのジャンプ力 »

ラブちゃんしつけ奮闘記4

ついに4回目を迎えたラブちゃんしつけ奮闘記でございます。

今までは近所のお寺の駐車場でやっていた訳でありますが、今回からすぐに路上(車の運転じゃな~い)
ってかね、実践で散歩させながらやっていく、そんな感じでないと私も上手くアドバイスできません。
をっとそうそう、まだ続きそうなので、取り敢えずラブちゃんの名前をSちゃんとでもしとこうかな。

所でSちゃん、女の子なのですが、アルヴィンにかなりほの字のようで、でてきて会ったら口周りをぺろぺろと。犬が人にするのはよく見るけど、犬同士でやるのはそうそう見ないな~。相当「好き」なのでしょうか。ま、いいやそんなこと。

もう一度やり方を見ててね、ということで、リードを交代して、先に立って歩く。気が反れそうになったらかつんとリードショックを入れる、訳なのだけど、見ててもらって分かるかしら。Sちゃん自体は、私よりアルヴィンを連れて歩いている飼い主さんが気になるのね、それでもちゃんとついてきていることが分かると、ちょっと落ち着いてきた。

テレテレ歩くだけなんだけど、あっちこっちが気になるSちゃん。
いつもの公園へ寄ったので、リードを元へ戻す。でないとアルヴィン、公園=解放なので、マジ飛んだらやばい。次女も何度も引きずられているし、私も吹っ飛ばされて一回転したこともあるし・・・・・
およそのチビワンコ達と遭遇したら、Sちゃん遊びたくてしようがないらしい。いかにもラブラドールらしいんだけど、流石にパピヨン相手じゃ自重して頂かないとこっちが恐いです。

余所のワンコとの様子はまぁ、問題ない程度だよね、なんて話ながら、いつもの川縁の緑道へ。
ここはぽつぽつと離れたところに川の方へ向けてベンチがあって(輝くんのオスワリしている写真なんかがそうだなぅ)背中側が遊歩道になってる。頻繁じゃないけど人が通ったり、自転車が通ったりするから、ここでスワレトレーニング(でもボーとしているだけ)をするにはある意味丁度良い。この日は買わなかったけど、缶コーヒーと掛かって、休憩しながらトレーニングしちゃえばいい訳だし。

ここで私も知らなかったなぁ、って事。
犬を単に座らせておく、って事、意外と難しいのね?!
立ち上がっちゃったり、動いちゃったら「あーあ」で、はいまたスワレ(はいはい、やり直しね、って感じかな)、それだけのこと何にえらく苦労している。(その間、アルヴィンは置物になってましたが)
えらく苦労している風なので交代して、ちょいと立ち上がって座らせて、動いたらまた座らせて。途中飽きてきたのでわっほいとはしゃがせてまた座らせて。

そんなこんな事をしながらいろいろ犬話をする訳ですが、折角ちゃんと褒めて喜ぶ犬なんだから、何をすると褒められるか、犬に考えさせるように人間が考えて誘導すると良いよ、なんて話もしたり。またアルヴィンを引き合いに出して、アルヴィンが褒めても喜んでいるのかいないのか分かり難い(しっぽ振らないんで)犬だったから、どんな場面で喜ぶのかしっかり見て、喜ぶようにどう修道するのか考えた、そんな話をしてみたり。

あとはそうね、この飼い主さん、ついついワンコに、「なんで出来ないのよっ(ぺしっ)」ってやっちゃう癖がある。ぺし、ぐらいだったらまあラブ的にはたいしたことはないんだけど、(犬によっては悪影響が出ちゃってたところだ(汗)結果から言えば、ぺしっ、ッとやることが構ってしまっている形になってしまっている。犬の性格から、構うより断然「無視」が効く、と判断したので、ぺしっをやらないようにアドバイスする。(叱っている状態より、構っている状態になっている、って判断からです)

あとやっぱり、非力だっ、って思っている女性に多いと思うのだけど、どうしてもリードに頼っているんだよね~。んで、匂いを過嗅ぎに行かせてから、引き戻そうとするんでひっぱりっこになっちゃっている。ここも説明した。出来れば匂いを嗅ぎに行く前にショックをかけてアイコンタクトを取らせるか(でも、やってみてもらうとやっぱりえらく遅い)言っちゃってからでも、引き戻すんじゃなくて、ショックで合図を出してこっちに自分で戻ってこさせるようにするとか。うん、シロくんだって、実はお家に帰る前までにここの辺りはすっかり出来るようになっていたんだけどな~。コツをつかめば難しい事じゃないと思うのだけど、そこまでが難しいのかもね。飼い主さん、もうちょっと頑張ってもらわないとな~。

あ~そうか、輝くん使って実習してもらうと良いかも。(輝くんには迷惑?)
まだついつい前に出る癖があるし(一応、リーダーウオークを意識しているみたいで、リード一杯にはなかなか行かないんだけどね)ちょんと引き戻すにも、力がいらないから、タイミングを見る練習にはいいかも。余所の人にリードを持ってもらうのも、輝くんには良いトレーニングかも。(イヂワル預かりかぁちゃんでつ)

だいぶ状態が良くなってきたから、そろそろがつんと「NO」を出しても良いかな~、次回に来たらまた考えるかな~。私にゃ飛びつかないんだけどね、飼い主さんには飛びつくのよね。今まで叱られ慣れ過ぎちゃっているから、下手に「NO」を出しても効かないような気がしていたのね~。もうちょい、様子見、だろ~な~。

« てれてれ。 | トップページ | 輝くんのジャンプ力 »

ペット」カテゴリの記事

犬のしつけを考える」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラブちゃんしつけ奮闘記4:

« てれてれ。 | トップページ | 輝くんのジャンプ力 »

そのほか

最近のトラックバック

無料ブログはココログ