2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

わんこPhotoギャラリー

  • Jes014
    アルヴィン、ジェシカのお気に入り写真です。

お花ぎゃらりぃ

  • 20070107_092052_0002
    花図鑑、種まき育成記録(覚え書き)兼用です。 順次、育成のしやすさなども説明文に加える予定です。
フォト

動物愛護

おすすめワンコサイト

« ムツさん「犬はどこから・・・そしてここへ」 | トップページ | まったり犬 »

グダグダと書いているわけ

ひろしまドッグぱーく被害者の会

ウチには今3頭の犬が居ます。

先住順にアルヴィン(去勢済みオス 3才)ポン太(去勢済みオス 12才)ジェシカ(避妊済みメス 1才)。

アルヴィンとジェシカはまぁ、フツーの犬です。どちらも子飼いだし。(ジェシカに関しては、微妙なところもあるけど(笑)

ここで出てくるのがポン太です。
引き取ったのが9歳の時。
理由は色々あったわけだけど(理由のページは今ハズしているからな)引き取った次点で、「吠えます&咬みます」な、問題犬だったわけです。

そういうことに関心のある方ならもしかしたらご存じでしょうけど、9才過ぎで問題犬です、って、相談しても、「仕方ないですね~」って言われることが多いらしいです。
イヤ、{多いらしいです}って自分で言うのもアレなんですが。
実は「直らん」なんて思ってなかった私は、特に何処へも相談せずに直しちゃったんで・・・・・(多少、どこかで愚痴は吐いた。でも、具体的なアドバイスをもらいに行った覚えはないんだな)

でね。
オーナチェンジしたとはいえ、9才から行動修正が出来るんだったら、もっと若ければ行動修正だったももっと楽なはず。いえ、行動修正できるなら、飼育放棄されるような犬はよほどでなければいないはず。(人間側の「如何ともしがたい」理由もありますからね)

安易に犬を「買う&飼う」のを、すべて否定はしませんが。(そこから頑張っている人だってもいるんだしね)
折角暮らすんだったら、犬に我慢して暮らすのより、犬と楽しく暮らして、しっかり最後まで面倒みてやって欲しいじゃないですか。
ポン太だってね、ウチにいて「みそっかす」扱いで暮らすより、なんて思うわけですわ。(注:作業犬系中大型犬ファンシャーなので、小型愛玩犬は元々好きじゃない)

んでも結果的に、ポン太、今じゃドッグランでおっぱなせます。
子供さんが、後ろからよってきて、ぐりぐり撫でくり回しても大丈夫です。(引き取った直後だったら、危なくてそんなことで来ませんでした>マジよ)

そんだけ違う(と言う変わる?)のは何でなんだろ、そこが私の一番の『疑問です』

何が違うのか、私は知りたいです。
そうすれば、小さい頃から可愛がって貰った人と、犬は離れずに済むかもしれない、と思うから。
厄介者扱いされないで済むかもしれないのだから・・・・・

あ。
この思いがなければ、たぶん私のblogはのほほん親ばか日記で終始すると思うのですね。
まぁ、ポン太には悪いけど、綿心や、ちと『物足りない』犬ではありますが。(小さいしー、年も年なので、運動量も考えてやらないといけないしー>10キロ歩き通せる犬ですが(爆)

« ムツさん「犬はどこから・・・そしてここへ」 | トップページ | まったり犬 »

ペット」カテゴリの記事

犬のしつけを考える」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グダグダと書いているわけ:

« ムツさん「犬はどこから・・・そしてここへ」 | トップページ | まったり犬 »

そのほか

最近のトラックバック

無料ブログはココログ