2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

わんこPhotoギャラリー

  • Jes014
    アルヴィン、ジェシカのお気に入り写真です。

お花ぎゃらりぃ

  • 20070107_092052_0002
    花図鑑、種まき育成記録(覚え書き)兼用です。 順次、育成のしやすさなども説明文に加える予定です。
フォト

動物愛護

おすすめワンコサイト

« おまいら面白過ぎっ! | トップページ | 下田に行ってきました »

ポン太という犬を知る

タイトルを大上段に構えてしまいましたが。(私はそんなキャラクターぢゃないんだけどね(笑)

結局、ポン太のしつけ直しをする過程から思うに、そういうことだったのかなぁ、と思うんですね。

そんな中で、生活の中で体得してきたことの情報って、実はそれほど重要だとは思わなかったんですね。
食いしん坊で、おやつ奪います(もうすっかりやりません)
引っ張って歩きます(1日で引っ張るもんじゃないと理解しましたよ?)
グルーミングで咬みます(初日に犬自身が気持ちの良いところはクリア、その後順次クリア)
よその人見ると吠えます、咬みます(1週間で劇的改善、現在はセラピードッグもどきのことくらいはこなします)

これ、同じ犬ですよ。
オーナーチェンジしたから素早くクリアできたことも沢山あるとは思います。
でも、ダメ犬は犬がダメなんじゃない、って事、ポン太にしっかり教えてもらった気がしています。

さて、ポン太との楽しくもスリリングな生活が始まったわけですが。

予想された引っ張り癖は実はこの辺の記事の写真を見る限りすぐに解消されてたみたいです。と、どうしても言ってしまうのは、私が細かく定義しちゃっている所為で、(リードに頼らずコントロールできてはじめて「引っ張りません」だと思ってる>キビシい)ある程度歩けてたみたいです。

この辺から、やったことはまずひたすら歩く(体力使え~)
グルーミングレッスン。(ハサミの音になれることから)
そして、叱られることを受け入れること。(逆ギレ、あかんねん)

ともかく、この頃はとっとと譲渡しちゃう気でしたから、少しでも年を取らないうちに、って、結構ガンガン行ってました。(ソコまで良くしておいてそんな感じだったの、と思われるかも知れませんが、かなり後になるまで自分の犬、って気分はなかったですね。デモね、犬って、自分が好かれていないかもしれなくても、頼るのは飼い主だけなんですね。だから、どうしたら好きになってもらえるかポン太なりに凄く考えたんだと思いますね~)

蛇足ですが。
上記括弧内の気分を持っていたためか、ポン太は結局譲渡に至らずだったわけで。
ま~、自業自得ってことかな~(爆)(もしかしたらうちの子にしても良いかも、とか思った犬はとっとと出てったから~っ)

« おまいら面白過ぎっ! | トップページ | 下田に行ってきました »

ペット」カテゴリの記事

犬のしつけを考える」カテゴリの記事

ポン太」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポン太という犬を知る:

« おまいら面白過ぎっ! | トップページ | 下田に行ってきました »

そのほか

最近のトラックバック

無料ブログはココログ