2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

わんこPhotoギャラリー

  • Jes014
    アルヴィン、ジェシカのお気に入り写真です。

お花ぎゃらりぃ

  • 20070107_092052_0002
    花図鑑、種まき育成記録(覚え書き)兼用です。 順次、育成のしやすさなども説明文に加える予定です。
フォト

動物愛護

おすすめワンコサイト

輝くん

輝くん、トライアル開始です。

昨年6月1日にセンターから引き取った輝くんですが。
昨日11日、里親希望者さまのお宅でトライアル開始の運びとなりました。
まずは応援してくださった皆様、どうもありがとうございます。

見初めてくださったYさまは先だって先代犬を見送られたばかりだったそうです。
年齢のこともあり、もう犬は、等と思われていたそうなのですが、輝くんが先代の犬とそっくり、ということで是非に、とお申し出いただけました。
初対面の人には怖がってしまうことも多い輝くんですが、一度慣れたらとっても甘ったれになる輝くん、Yさんの良いパートナードッグとして成長していくことと思います。
まだ若い犬ですので、思わぬ悪戯をしてしまうこともあるかと思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

蛇足ですが、お見合いの場所として使わせていただいたドッグカフェ(DOGLIKE@CAFE)慣れたら新しいパパと遊びに来てくれないかな~、なんてお話し、しておられました。
なにげに宣伝しますと、アットホームなドッグカフェで、実はアルヴィン、7ヶ月くらいから結構通っておりました。お店特性のワンコおやつが秀逸ですよ(^^)
看板犬の半蔵ちゃん(ボストンテリア♀)も可愛いです。

雨の日はつまらない

tumannai

確かに雨の日はつまらないよね。

パステル風に描いてみました。

沢山お散歩

土曜日はお天気も良かったし、ドッグランまで長ーいお散歩でした。

そしたら。

丁度良い具合に、小学生くらいの男の子3人兄弟のご家族が連れた、これまた小さい柴系雑種の女の子。(6ヶ月ですって)

なかなかどうしても、小学生くらいの男の子は苦手、な輝くんですが、遊びたい盛りのほぼ同年齢、同体格のワンコがいれば違います。

撫でて貰うまでは行かなかったけど、一緒に遊ぶのはあっという間にOK。

ああ、もっと近いところにいるんだったらもう何度か遊んで貰えればもっと「だいじょーぶ」になるのに、ちょっと残念。

そのあとはドッグラン常連メンバーさん達と。

どうも、いつもアルヴィンと一緒にいる生か、黒ラブのショウちゃんばかりに遊んで~、とまとわりついています。むぅ、自分の体格を勘違いしていないかと、小一時間問いただしてみたくなります。

面白かったのは輝くんは黒ラブくんにまとわりつき、その輝くんにジャックラッセルテリアの男の子がまとわりつき、ジャックくんには、バーニーズマウンテンドッグの男の子が・・・(笑)

見ていると結構面白い。

こういう場所もかなり慣れてきたのか、女性の飼い主さんだともう、全く平気です。

でも、男性の飼い主さんだと・・・・

やっぱりちょっと、「イヤッ」って声がねぇ。
でも、わざわざ、興味津々で近づいて行ってから「ワン」って言わなくてもねぇ。
あ、相手の人が近づいたのに気がつかなかったら吠えないんですから。
ちょっと勝手な言いぐさじゃないですかしら?>輝くん。(笑)

ちなみにアルヴィン。

珍しくミニシュナの子にガウッ、って言って追いかけたりしたのでNG出されて足下で伏臥休止させてました。遊びに誘うんだったら、もっと紳士的に行きましょーね。

それでもたっぷり走って遊んで。

大満足?だったんじゃないかしらねぇ。

なかなか男前?かな(^^)

久しぶりにきりっとした輝くんのお写真。

teru076
クリックで大きいサイズを表示します

我が家ルールでは「かぁちゃんがうんP拾っているときは必ずスワレマテ」です。
たとえそれが輝くんがしたうんPじゃなくても。
(って言うか、輝くん、基本的に排泄はすべて室内ですませています。)

そんなとき、お外ではいろんな人が通り過ぎます。

ちょーっと前までは、通り過ぎる人にも「イヤ、近く来ないでね、怖いからね」ってちょっとビクビクしていた輝くん。

最近では、通り過ぎる人にそこまでビクビクしなくなりました。

こちらを見ているくらいなら大丈夫。

でも、「お利口さんですねー」なんて声をかけられちゃうと、ちょっとだけ我慢しきれなくなっちゃいます。

でも、もう、ここまで我慢できるので慣らすトレーニングはむしろやってなかったりします。

それより「ボクって大丈夫、なんでも出来るもん」って思えるように、いろんなことにチャレンジしてみています。

先月、アジリティごっこして遊んだのもそのため。

ボールや、お家の中でいろんな物を持ってこられるように練習してみたり。

そんなこんなで自信が付いたら、もっと「恐がり」を克服できるんじゃないかな~、っておもいます。

輝くんの最近

輝くん、お預かりしてからずいぶんと立ちますんで、ついついネタ切れに四苦八苦するのでありますが、よくよく考えてみるといろいろネタは落ちていたりするもんですね。

そういう輝くん、きっとそろそろ推定1才。
イタヅラ盛り、元気盛り、なのであります。

でも、イタヅラして叱られる、ってほとんどありません。

別に叱らないようにしている訳じゃないです。

イタヅラしようとしたのを見たら。

「あっ、あーっ」とか。
「ちょ、っちょっ」とか。
「うおっほん(咳払い)」とか。

これって「あ、それもしかしたらダメかもー」って言う合図です。

ここで振り返ったらすかさず呼んで褒めてしまいます。

なので叱らずに済みますね。

さて、それが間に合わずイタズラ、はじめちゃっていたら。

ただ呼びます。

ちょっと前までは。

今は、カジカジしちゃっている時、「持ってきてー」って言います。

まだまだ、持ってくるの忘れて自分だけ来ちゃうことも多いけど、2~3回に1回は持ってきてくれます。

わざわざ回収に行かなくて済むので、とっても助かります。

それじゃいろんな物を運んできて大変だろー、となりそうなものですが、何故か「持ってきて」って言われたときしかやらないのがまたミソかもしれません。o(*^▽^*)o

でもね、こんなこと書いちゃいましたけど、輝くんって、ほとんどイタズラ、しないんですよね~。だから余りいろんな物を持ってきてはくれません~。アルヴィンは靴下も取ってくれるようになったんだけどな~。(かぁちゃん、楽だ~)

輝くん、多分誕生月だよね

2月です。
東京では、一番寒さが堪える時期です。
(暖かい日もあるけど、寒い日は寒いですよね~)

多分輝くん、今時分から、遅くても3月までには生まれていたと思うのであります。

ということでそろそろ1才になるはずなのであります~。

teru075
そうなの?(クリックしてね)

野良犬として犬生をスタートした輝くん、今じゃすっかり家庭犬だよね。

輝くんの成長っぷりを見ていると、アルヴィンの小さい頃を思い出します。

イヤ、ホント、アルヴィンがこれ位の頃にはこんな行動していたよなぁ、ってこと、全く同じようになぞって育っていっています。
今のアルヴィンは家の中ではマッタリした犬になっていますが、きっと輝くんも2才を過ぎたらマッタリした犬に・・・・・なるかな?

違うところはアルヴィンより超甘ったれって所かしらん。

輝くんの性格についてちょっと考察してみる

そろそろおしまいにしようか、って辺りで座らせて撮った写真から基本性格を読み取ってみます。

teru072

アルヴィンはよほど強めにコマンドを入れない限りいっつもヘラヘラ笑った顔をしていますが、輝くん、特にコマンドを入れなくても真面目な顔になってます。そんな辺りからも、今は若くてすぐにワーイ、ってはしゃぐように見えますが、もっと落ち着いた雰囲気になるかな?

コマンドに対する反応はアルヴィンよりもしかしたら早いくらいかも。そんなところからも、「真面目」な日本犬、そんな辺りが基本的な性格になるんじゃないかと思います。

つぎは、シャイ?ビビり?について。

輝くん、センターに収容された時点ですでに推定4ヶ月にはなっていたはず。

それまでは多分「野良犬」生活。人間は「信用ならない」という「刷り込み」がある程度は入っていたのでしょう。とは言ってもそこは犬。ひとまず我が家に慣れるまでにはたいして掛からなかったのですが、 それでも外を歩く人に対しては結構警戒心MAXになっている部分もあります。(特に作業着を着ているような人や、男の人には警戒心が強いです)

じゃぁ、輝くんは「シャイ」な犬なのかというと、どうも本質的な「シャイ」と言うには違うんじゃないかと思ったりもするのです。

次の写真はハードルの練習中、いわゆる「失敗」したところの写真です。

teru073

リードが付いたままハードルの下をくぐれば、当然ながらハードルは倒れます。

わざわざ支えたりしませんから、ガッタン、と倒れますね~(笑)ここで本質的に「シャイ(恐がり)」な犬であればハードル自体を怖がるようになるかと思うのですが(まっ、一概に言い切れないですが)練習中、2~3回は倒したはずですが、ハードル自体を怖がることもなく、むしろ、「飛び越えれば大丈夫」と言うことを理解したようです。まぁ、「倒れるとイヤ」程度には怖かったと思いますけど。これ一つをもって本質的なシャイじゃないよ、とまでは言い切れないかもしれませんが、少なくとも扱いにくいほどのシャイな犬ではない、とは言えます。

所でこの程度の「警戒心」のある犬って、とても学習能力が高いような気がします。ハードルを「ジャンプ」することも1回で覚えちゃったですしねぇ。(アルヴィンも1回で覚えた由鬼書いていますが、アルヴィンはそれまで公園の柵とかでジャンプを教えていましたから、必ずしも同じレベルからはじめた訳じゃないんですね)

まぁ、もともと「跳ぶ」ことが好きなのだと思います、輝くんは。

ちなみにドッグウオークがすんなり出来たのは実は公園の擁壁とかで練習してましたッ。(アルヴィンにやらせていて、一緒に覚えてしまった)

今更な話ですが、もっと早い時期に収容されていたら、と思います。少なくとも、人間に対する警戒心がもう少し薄くなって居れたのではないかと。今の状態でも、日常生活に困ることはないですが、(警戒心がある、ということをちゃんと織り込んでいて貰えば、ですね)もうちょい、早ければしんどい思いをしなくても(これは「犬(輝くん)」が、ということです)良かったろうになぁ、と思います。ただ、もともとの基本性格を考えると、「誰にでもヘラヘラしている」犬にはならなかったとは思いますけどね。

teru074

んでこの写真ですが・・・・・

使おうと思ってUPしたのですが、使い道がなかった~(゜o゜)ヾ(--;オイオイ...

リード捌きがへたくそなために、跳んでる最中で絡んでしまったのですが・・・・・

まぁ、こんなことでもへこたれない犬です、輝くんは。

ねばり強さは日本犬らしい、って所でしょうか。(ちっと位の失敗は楽しさで解消できる、かな?)

でも、これだけ「柴犬っぽい」のに、なんでそんなにべたべたに甘ったれで抱っこ大好きなんでしょうか?うーん、よく分かりません~。

アジごっこ:かけっこして遊ぶ編

ドックランって言うくらいですから犬は走るもんでしょう。
ってことで輝くんが走っているの図。

teru061
クリックしてね

teru062
クリックしてね

teru064
クリックしてね

思い切り走れて嬉しいよね~。
(思い切りどろどろだけどね)

teru065
クリックしてね

一休み中。
チビねぇちゃんに何を頼んでいるのでしょうか?(もっと遊んで、かな?)

2匹で気がそろって走り出すと凄い迫力です。

teru063
クリックしてね

teru066
クリックしてね

わー捕まったー、って感じかな。

teru067
クリックしてね

余り広い所じゃないのでねぇ、壁でいきどまってしまいました。

実際には、ジャンプさせたり、ドッグウオークに交代で乗せたり、なんてのを織り交ぜながら遊んでいます。この日は足下が悪かったので、デフォでスパイク付き(笑)の犬たちが動くように誘導してました。
(下手に走ると転んで服がどろどろになっちゃいますもんね)

暫くいろいろやって、そろそろ時間、って所で「そーら、最後だ、思いっきり走ってこい!」と。煽るだけ煽ったので思いっきり絡みます。(^^)

teru068
クリックしてね

teru069
クリックしてね

teru070
クリックしてね

この辺りで、「そろそろ帰るよー」と声をかけると

teru071
クリックしてね

「はーい」って感じかな。

こうやって遊んでみて気が付いた輝くんの性格について、もう一本続きます。

アジリティごっこで遊んできました:ドッグウオーク(一本橋)編

写真の数がぼーだいなのでセレクトしてお届けしていますが、まだまだありますワンコ写真。

足場が悪かったので(泥足では急な坂は滑ります)このパターンは比較的少ないのでございます。

で、ドッグウオーク。(一本橋)

輝くん、アルヴィンと遊んでいるから怖がらないだろうと思いましたが、確かに全然怖がらないです。

teru056
クリックしてね

左手には一応おやつ持ってますから、それしか頭にないのかも(笑)

teru057
クリックしてね

おやつ下さい~

まだだ~ぁ~よ~

自分が高いところにいるって気はしてないですか?そうですか。

teru058
クリックしてね

おもちゃで誘ってもこの通り。落ち着いて歩けますからね。

teru059
クリックしてね

うんうん、上手、上手。

最後はやっぱしこうなる訳で・・・・・(笑

teru060
クリックしてね

オイ、押すなよ、お一人ワン専用だぞ。

兄ちゃん、遅いぞ、ボクも行きたいんだワン。

まだまだあるので、特集は続きます。(^^)

アジリティごっこで遊びました:ハードルジャンプ編

前にも書いたと思いますが、輝くんジャンプ力が結構凄いのです。

一応、まだ子犬なので普段はやたらにジャンプさせないようにしていますがッ。

今日は思う存分ジャンプしていただきましょー、ってことで、取り敢えずハードルをジャンプする練習から。

teru048
クリックしてね

まずは低くしてれんしう。(^^)
問題なくほいほい行けそうかな、という辺りで、撮影者から注文がッ。

「ハードル低いとかっこよくないから高くして~」

あー、飛べそうですしね、折角かっこいい写真を撮ろうってことですからね。

ほいほいと少し高くしてみました。

teru049
クリックしてね

この高さもあっさりクリアー。まだ、リードは付けているどね。

teru050
クリックしてね

次女も一緒に来ていたので、やってみるーってことでハードルジャンプを一緒に飛んでる!(笑)そろそろ出来るかなっ、ってことで、リードも外してみたら、飛びます、飛びます。

teru051
クリックしてね

ぢつはこの高さ、アルヴィンの練習の時と同じ高さなのねー。一番高くすると、アルヴィンだっても何度も飛ぶと疲れちゃうから、シークエンス練習の時はこの高さで練習してます。

ということは・・・・・・・

teru052
クリックしてね

アルヴィンだって跳びたいッ!

teru053
クリックしてね

わーらわらと(笑)

teru054
クリックしてね

一応、誘導しているのは輝くんだけのハズです。(笑)

teru055
クリックしてね

楽しくってしようがない2匹さんです。

ご注意:今回撮影のため結構高いハードルを跳ばせましたが、若齢期に強い運動を沢山かけることは余りおすすめできません。

より以前の記事一覧

そのほか

最近のトラックバック

無料ブログはココログ